読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

600000007

プログラムと折り紙のブログです。

Gradle初心者がはまったこと、悩んだ事。

ここ2週間程、プロジェクトのビルド環境を再整理していてGradleをがっつり触りました。
GradleもGroovyも初めてだったのですが、最初は慣れなくて苦労しました。
その代わりGradle脳になってしまえば非常に簡潔に分かりやすく書けて良いですね。素敵です。

以下の内容はGradel 1.8を前提としています。

タスクに複数の依存関係を設定する

タスクのリストをそのままdependsOnに渡す事ができます。

task copyHoge(type: Copy, dependsOn: ['jar', 'copyBat']) {
    from 'nanikashira'
    into 'dokokashira'
}

タスクに変数を渡す

できません。
その代わりgradleコマンドの引数、タスクルール、動的タスク作成などで代用できます。
私の場合は一部の値が違うタスクを何個か作りたかっただけだったので、動的タスク作成を使いました。

['file1', 'file2'].each { def fileName ->
    task "copyFile$fileName" (type: Copy) {
        from 'nanikashira/$fileName'
        into 'dokokashira'
    }
}

task copyFile(dependsOn: tasks.matching { Task task -> task.name.startsWith("copyFile")})

タスクの中で他のタスクを呼ぶ

できません。
依存関係でタスクをチェインさせる形か、メソッドを書く形などに変形して代用しました。

testで1件でも失敗があるとビルド失敗になってしまう

ignoreFailuresをtrueに変更すると、ビルドが継続するようになります。

test {
    ignoreFailures = true
}

sonarプラグインが動かない!

後継のsonarRunnerプラグインだとちゃんと動きました。

Gradle IDEが動かない!

Eclipseでlombokと併用すると動かないバグがあるようです。
なんかlombokとIDEという組み合わせは何かと苦しめられますね・・・。
Eclipse Grade plugin hangs when importing Gradle projects

その他に大事な事

これが頭に入ってないとタスクの動作イメージがわかないですね。この章がまさにGradle脳になるための方策を説明している気がします。

  • とにかくユーザーマニュアル、リファレンス!

DSLで簡潔な表現ができる反面、リファレンスを読まないと何ができるか分からない、という場面が非常に多かったです。
最終的にはユーザーマニュアルの章番号を覚えてしまいました。



ちょっと愚痴っぽいのも混ざってますが、良いですよGradle。